スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

さい帯血バンク

2008.10.17(09:07)




参考サイト:民間さい帯血保管バンク ステムセル研究所

文字色臍帯という言葉は知っていると思う。
いわゆる「ヘソの緒」である。


では、臍帯血はなんの部分かわかりますか?
へその緒と胎盤の中の血液のことです。

その臍帯血、どうしました?
どこでどうなったか、わからない方が多いだろう。

臍帯血の中には、体の様々な細胞を作りだす素になる幹細胞(ステムセル)がたくさん含まれています。
細胞を作りだす素は、赤血球・白血球・血小板・骨・筋肉・肝臓・神経などの子供のような細胞です。

現在、医療でこの細胞に利用されているのは将来は、脊椎、心臓、血管などの再生医療ガンや脳腫瘍などのワクチンの開発多発性硬化症 SLE(全身性エリテマトーデス)など自己免疫疾患の治療への応用など多くのことが期待されている。

しかし、その細胞が体に合うか合わないかの適合の問題がある。
まず本人は100%適合なのである。
そして、両親は約1
000分の1
赤ちゃんのご兄弟は4分の1である。

利用回数に関しては数にもよるが、数個に分けて保管するため数回の利用が見込める。


―――――――――――――――――

臍帯血バンク機関は大きくわけて、2種類ある。
公的機関と民間機関である。

民間の利点は、
・希望する人すべて(HBe抗原陽性を除く)の人が受けられる
・医療機関の了承のもと、どこの施設でも可能
(全国3500の産科施設のうち、1156を越える施設で採取の実績がある)
・利用できるのは、本人 家族(第二親等以内)

公的バンクは臍帯血の寄付であり、費用はかからない。
なのだが、

・37週から42週の正常産の人
・妊娠中に合併症がなく、慢性疾患のない人
・家系に感染症、がん等の既往症がない人
・献血と同じ条件なので、輸血経験者は除外
・1980年以降にヨーロッパに滞在した人は除外
・土日祭日の出産を除く

という条件がならんだ上、どこの公的に認定された場所でしかできない。
そして一番の違いは、HLA適合の第3者寄付してしまったさい帯血は 本人には戻ってこないことだ。

特に国際結婚で子供が生まれた場合、その子に適合した型を見つけるのは難しいといわれている。




スポンサーサイト
| ホームへ |
赤い糸

ナカツリ
参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチっとお願いします↑↑(*≧∇≦)/

足あとも残してってくださいねφ(゚▽゚*)♪

スポンサー
ブロとも一覧

月別アーカイブ
プロフィール

yuhita

Author:yuhita
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
募金

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。